コスメ

フォトフェイシャル
肌トラブルにフォトフェイシャルその3

肌トラブルにフォトフェイシャルその3シミができている場合、自分のシミがかんぱんなのかどうかというのは気になりますが、自分自身では正確な判断はできません。
気になる場合は、皮膚科の医師に相談してみたほうが確実でしょう。
かんぱんであった場合にはフォトフェイシャル治療では効果がないですが、その代わりに皮膚科ではハイドロキノンという美白効果の高い成分が配合された軟膏や、ビタミンC配合の飲み薬などを処方してもらえたりします。

ハイドロキノンの美白効果の高さはアメリカではとても有名で、日本ではまだ一部でしか使用されていませんが、とても効果が高いそうです。
シミと似た症状としてそばかすがありますが、そばかすの場合はかんぱんとは逆に、フォトフェイシャル治療がぴったりだと言えるでしょう。
シミは、一部分だけシミが目立ってしまうなどの症状が多いですが、それに対してそばかすは細かく顔全体に広く点在するため、レーザー治療などでは一つひとつ消していくのがとても大変です。
しかし、フォトフェイシャル治療ならば顔に全体的に照射してしまえば良いわけですから、フォトフェイシャルのメリットを生かした治療が可能と言うわけです。
全体に照射しても、そばかすの部分だけが剥がれますので安心です。

シミ、そのなかでも通常のシミとかんぱんによっても違いますし、さらにそばかすなど、お肌にはいろいろな悩みの種があります。
どれも全てフォトフェイシャルが効果的かというとそうではなく、その症状などによって最適な治療方法も変わってきます。
自分自身で、今自分のお肌はどんな状態なのか、どんな治療法方が適しているかなど、全てを完璧に把握することは難しいですから、やはり医療機関での診察を受けて、医師と話し合った上でどのように治療するかを決めることが大切なのではないでしょうか。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社