コスメ

フォトフェイシャル
フォトフェイシャル治療その4

フォトフェイシャル治療その4フォトフェイシャルはなぜ3週間という期間をあけなければならないのかというと、その理由は肌のターンオーバーとフォトフェイシャルの効果の出方を確認するという二つの意味があります。

肌のターンオーバーというのは3週間というのが一般的ですので、それに合わせて3週間の間隔を空けるというのが理由の一つです。

そしてもう一つの効果の出方の確認ということですが、フォトフェイシャルというのはいきなり高い出力で光を照射したりはしません。
まずは弱めの光で様子をみて、確認しながら光を調節して強めていきますので、1度でシミが完全にきれいになるということはなかなかありません。3回くらいは通うことになるというのが普通のようです。

フォトフェイシャルの光を照射することで肌細胞の働きが促進されるため、シミが残っていたとしても、その1度の照射だけで肌の変化を感じる方は多いといわれています。
さらに、シミがきれいに消えたあとも年に1度などの余裕を持たせたペースで照射することによって肌を良い状態で保つことができるとされています。
経済的に余裕のある方は1年に1度などの目安でフォトフェイシャル治療を続けることを考えてみても良いかもしれません。

エステサロンによっては「1度でシミが消える」といった内容で宣伝しているところもありますが、シミを消すというのは実は難しいことですからそう簡単にはいきません。
フォトフェイシャルでも通うことが必要になりますので、完全に消すには1度では難しいでしょう。
美しさを追求するためにはいろいろと苦労がつきものですが、フォトフェイシャルにかかる経済的な負担や通うための時間など、全て考えたうえで治療を受けたいと思うのであればやってみる価値はあるでしょう。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社