コスメ

フォトフェイシャル
フォトフェイシャル治療その3

フォトフェイシャル治療その3フォトフェイシャルは施術が短時間で済み、だいたい30分くらいで終わるはずです。
同じく光を利用するレーザー治療はその後しばらくメイクをすることができませんが、フォトフェイシャルでの治療なら施術後すぐにメイクをして帰ることができます。
こういった特徴も、フォトフェイシャルの人気の理由といえるかもしれません。

フォトフェイシャルの照射後には、シミのできていた部分がかさぶた状になってきます。また、照射した部分は熱を持った状態になっています。
場合によっては肌の乾燥など、かさぶた以外の変化があることもありますが、乾燥は好転反応の一種であり、フォトフェイシャルを照射した効果がしっかりと表れているということになるので安心して大丈夫でしょう。

この治療でシミを消すことができる仕組みが気になりますよね。
施術後、はじめのうちはシミが濃くなったように浮いてくるのですが、その後徐々に薄くなり、照射部分の熱もだいたい1日待てばおさまります。
かさぶたになった部分が気になってしまいますが、触れたりせずに数日待つことで自然に剥がれます。
このかさぶたが剥がれ落ちたあとの肌が、生まれ変わったきれいな肌です。

クリニックでは医師の指導をきちんと聞き、注意点などはしっかりと守るようにしましょう。
アフターケアについても詳しく説明されるはずですから、ケア用のクリームなど、処方されたものをしっかりと塗って指示通りに過ごしてください。

フォトフェイシャルはたいていの場合5回で1セットとなっており、数回照射する必要がある方の場合はきちんと通いましょう。
通常、再度フォトフェイシャルの照射をする場合には3週間程度の期間をあける必要があります。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社