コスメ

フォトフェイシャル
フォトフェイシャルとレーザー治療続き

フォトフェイシャルとレーザー治療続きレーザー治療を実際に経験されたという方はたくさんいますし、経験されていなくても耳にしたことがあるという方も多いでしょうが、レーザーを照射した部分というのは施術後にかさぶたになります。
そして、その部分はしばらくの間日光に当てずに絆創膏を貼り、皮膚の再生が完了するまではメイクをすることも禁止されています。
しかも、色素沈着など新たな肌トラブルのリスクを背負う可能性もあります。

そういった問題のあるレーザーとは対照的に、フォトフェイシャルならば跡が残らないことはもちろん、わざわざピンポイントで照射しなくても顔に全体的に照射しても問題ありませんし、肌のハリやシミ、しわなどいろいろな肌トラブルに効果を発揮するので一度に改善が期待できるというメリットもあります。
レーザー治療はシミなどの気になるその部分にだけ照射する治療方法ですから、効率の面でも段違いです。
もちろん、フォトフェイシャルもピンポイントで気になるところに照射することもできますが、この場合ももちろん肌にダメージをほとんど与えません。

照射後にはすぐメイクをすることができますし、顔に絆創膏を貼ったりする必要ももちろんありません。
レーザー治療とフォトフェイシャルではどちらが良いかというと、その人の肌トラブルの症状などによっても違いがありますが、フォトフェイシャルにはレーザー治療には無いメリットがたくさんあるのです。
肌トラブルの範囲の広さなどによってはレーザー治療を利用したほうが金銭面でお得な場合もありますし、皮膚の一部分のシミをしっかりきれいに取りたいといった内容の治療であればレーザーのほうがお得なようです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社