コスメ

ノンケミカル
ノンケミカル日焼け止めの特徴

ノンケミカル日焼け止めの特徴ケミカル成分が含まれていることがある意味仕方ないとも言える日焼け止めですが、日焼け止めに含まれている紫外線吸収剤もやはり肌トラブルを引き起こす原因となるものです。
通常のメイク用のコスメやヘアケアとは違い、紫外線から肌を守らなければならないわけですから効果が強力でなければなりませんし、こればかりは仕方ないとも思えます。
しかし、やはり肌への刺激となる紫外線を防ぐのに結局は肌に負担をかけているわけですから、よく考えればすこしおかしな事ですよね。
ですから、できるだけ肌への刺激が少なく、負担のかからないような日焼け止めを使用したいところです。
そんな場合もやはりノンケミカルという基準で考えていくと問題が解決できそうです。

ノンケミカルの日焼け止めはケミカルのものとはすこし違い、「紫外線散乱剤」と言われるものです。
そのため、ケミカルとノンケミカルの違いもわかりやすく、商品自体の表示にも「ノンケミカル」といったはっきりとした表記がある場合が多いです。
しかし、確実にノンケミカルな日焼け止めを使用したいという場合には、やはりきちんと成分表示をチェックしておくと安心です。
紫外線散乱剤として使用されているのは、酸化チタンや酸化亜鉛などですのでこれらが使用されているものかどうか見てみましょう。

ノンケミカルの日焼け止めは、ケミカルの日焼け止めでは肌に刺激が強すぎるという方でも使用できるというメリットもあり、アトピー、アレルギーなどの肌にさまざまな悩みのある子どもや肌荒れが頻繁に起こる方など、これまで日焼け止めを使用することが難しかった方たちにとってはノンケミカルの日焼け止めが欠かせないものです。
その反対に、デメリットとして、価格帯が同程度のケミカルの日焼け止めと比較すると、紫外線を防ぐという効果は多少低くなりがちです。
どちらを選ぶかは肌の状態や価値観にもよりますので、いろいろと比較してみましょう。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社