コスメ

ノンケミカル
ノンケミカルシャンプーの特徴

ノンケミカルシャンプーの特徴髪や頭皮を洗うためのシャンプーですが、以前までは食器用の洗剤などと同じような品質でした。
1990年代から2000年代前半ごろまでは、食器用の洗剤で利用されている合成界面活性剤である「ポリオキシエチレンラウリルエーテエル」がシャンプーにもよく使用されていたそうです。
しかし、この合成界面活性剤は肌への悪影響が明らかであるため、メディアなど各方面からの指摘もあり、徐々に改善されつつあるというところなのです。

効果の強力さが求められているというようにも捉えることができますが、しかしそのシャンプーを使用して逆に頭皮や髪に悪影響を与えてしまっては意味がありません。
そこで、そんな考えから誕生したのがノンケミカルの成分で作られたシャンプーなのです。
ノンケミカルのシャンプーは、ノンケミカルでのヘアケアを目指す場合には欠くことのできない、とても重要なものです。
しかし、シリコンや合成界面活性剤などの使用感を重視したケミカルな成分を含まないシャンプーというのは、使い慣れていない場合、使用感の違いではじめは戸惑うかもしれません。

ケミカルな成分を含んだシャンプーというのは、髪が固くなるという特徴があります。
これはシリコンのコーティングによるもので、ノンケミカルのシャンプーであればシリコンは含まないので髪が固くなることはありません。
逆に髪が柔らかくなったように感じられ、トリートメントも髪の長さや髪質によっては使用しなくても過ごせるようになるかもしれません。
皮脂の分泌も正常になるため、べたつきや独特のにおいもなくなるはずです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社