コスメ

ノンケミカル
合成ポリマーの善し悪し

合成ポリマーの善し悪しノンケミカルにこだわってメイクをしようとしたときに、まず出てくる問題点が持続力です。
これまでたくさん販売されてきたケミカル成分配合の化粧品には、いろいろな化学合成物質が組み合わされているので、使用感の良さやうるおい感、そしてそのうるおいの持続などさまざまな嬉しい効果がありました。
しかし、それはケミカルな成分のおかげであり、肌が本当に良い状態になっているわけではありません。
しかし、その効果によって見た目や手触りは良くなったように見えるのも事実です。

メイクの下地を作っていく際に、どれだけ持続するかというのはとても大切なことで、メイクを重要視している方ほどこの持続力というのが鍵になります。
ノンケミカルコスメの場合、メイクの持続という面から考えるとケミカル成分を多く含むものにはかないません。
ファンデーションを使用する際に、この持続力という点が大きな問題となります。

これは自分自身の判断で決めなければなりませんが、多少の化学合成物質を使用して効果の面をある程度重視するのか、効果よりも安全面を完璧にするために完全に化学合成物質を断つかです。
完全に化学合成物質を使用しないというのは当然ながら体のことを考えればそれが一番良いでしょう。
しかし、効果もある程度は期待したいと言う場合、多少の化学合成物質を使用しているものを使って、その中でできる限り体のことも気遣うという考え方もあるということです。
下地といっても個人それぞれ考え方の違いがありますので、どちらを選択しても悪いということはありません。

注目して欲しいのは、合成ポリマーという成分です。
合成ポリマーはクリームのようなテクスチャのコスメにはだいたい配合されています。
これは肌の表面を均一に整えて膜を張る効果もある成分です。
体に良いということはありませんが、ポリマーは皮脂膜に悪影響を与えるというものではないため、ケミカルの中では許容範囲と言えるでしょう。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社