コスメ

ノンケミカル
ケミカルからノンケミカルへ

ケミカルからノンケミカルへ化学合成物質は、化粧品や日焼け止め等のコスメ商品には必須の成分でした。
これらを使用することで、その商品の持つ役割、高価というものを発揮し、それを安価で提供できるといっても過言ではありません。
ただ、イメージとして、これらの添加物は「体に悪い」という認識が多くの人にあるのではないでしょうか。
実際、食品添加物なども、そういった理由で敬遠する人はかなり多くいます。

まず、そういった点に関しての「誤解」を解いておきましょう。
化学合成物質、すなわちケミカル自体が「悪」かというと、そういうことはありません。
これらの存在なくして、現在のあらゆるコスメ商品は存在しなかったといえるでしょう。
かつて、化粧品と呼ばれるものがない時代は、人間は自然にある物で美を追求してきました。
油を使い、香草を使い…様々なアイディアや試行錯誤を繰り返し、その効果を試していました。
しかし、それらはあくまでもお金のある人の発想で、一般人には到底マネのできないことです。
化粧品が一般人の間に浸透したのは、安価で製造できることが前提であり、ケミカルの利はそこにあります。

とはいえ、近年はこのケミカルに頼りすぎている傾向が強くなっていました。
化粧品、日焼け止めの本来の役割以外の部分に効果を求めすぎ、結果としてケミカル色が強くなってしまったのです。
そこで新たに生まれた発想が、ノンケミカル。
ケミカル依存からの脱却です。
よって、ノンケミカルを知るためには、まずケミカルについて学んでいくことが重要なのです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社