コスメ

つけまつげ
つけまつげでタレ目にする

つけまつげでタレ目にするメイクの方法にもいろいろと流行がありますが、近頃のアイメイクは「タレ目」が流行のようですね。
主に10代から20代くらいの若い女性がよくタレ目メイクを実践しています。

タレ目というのは目のラインのことですので、まつげは関係ないのではと思われるかもしれません。
しかし、アイライナーを使ってうまくたれ目のアイラインを引いても、それだけでは不自然なタレ目になってしまうのです。
そこでつけまつげが活躍します。
タレ目のメイクに欠かせないのは、一般的である上まぶたのつけまつげではなく、下まぶたのつけまつげになります。

どうするのかというと、下まぶたのつけまつげを、本来の位置よりも少し下げ気味につけるのです。
それだけで、アイラインではうまくいかなかったタレ目メイクがとても簡単に完成します。
しかし、このつけまつげの使い方は少し難しく、下げてつけているのがわかってしまうとおかしいですので、まつげの生え際との隙間を白で埋めてしまうのです。
たとえば、ホワイト系のアイシャドウでも良いですし、ポイント用に使用する白いアイライナーなどもありますのでそういったものを利用しても良いでしょう。
白目との境目をわからなくすることで、下まつげの不自然さを隠すということになります。
こうしてタレ目のメイクが完成しても、白目部分の範囲が多いなど、バランス的な問題がでてくるかもしれません。
そこで、こういったメイクにはカラーコンタクトがよく合うのです。
黒目を大きく見せることで、バランスも取れますし目元がさらにくっきりとします。
メイクの方法も大事ですが、このようにバランスも大切ですから、タレ目メイクをするならこういったカラーコンタクトなどのアイテムも必要になりますね。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社