コスメ

つけまつげ
つけまつげのつけ方(1)

つけまつげのつけ方(1)まぶたにつけるだけだから簡単だろうと思ってつけてみたら、意外と難しくて挫折してしまったという方も多いつけまつげ。
はじめはつける位置がうまく調節できず、思いもよらないところにくっついてしまったりして、なかなかきれいにつけられないものです。
しかし、どんなに不器用な方でも練習をすれば簡単にきれいにつけられるようになるので、うまくいかないからと言って投げ出さずに何度か練習してみてください。

言葉だけで説明するのは難しい、伝わりにくいということもありますが、結局は実際にやってみて自分の感覚でコツをつかんでいくしかありませんので、つけまつげのつけ方をできる限り詳しくご説明しますから、参考にして練習してみてください。

つけまつげを付けても見た目的に浮かないようにするには、まずアイメイクが重要です。
目の周りを囲むようにアイラインやアイシャドウなどを塗っておきましょう。
そして、つけまつげの形が崩れないように注意しながら、まぶたと接着する面を曲げるようにして柔らかくしておきます。こうする事で、つけた感触も違和感が減りますし、見た目にもナチュラルになります。
それができたら、次はつけまつげの端の部分を、だいたいで良いですので目のサイズに合わせて切ります。
端を切ったほうがつけやすく、つけたあとも目元が自然です。
はじめはここまででもいろいろと戸惑うこともあるかもしれませんが、慣れてしまえばまぶたにつける作業はもちろん、この準備もさっと済ませられるようになるはずです。
端を切り落とすときも、見た目でだいたいどれくらいの幅を残せば良いのかがわかってきますので、安心してください。
ここまではつけまつげをつけるための準備です。
次からは、つけまつげを実際にまぶたにつける方法をご紹介します。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社