コスメ

つけまつげ
つけまつげの歴史

つけまつげの歴史これまでに、メイクの一部としてつけまつげがここまで流行したことはおそらくないと思いますが、実はまるっきりなじみの薄い、歴史の浅いものということでもなかったようです。
メイクにおいて、目元というのは特に重要視されていますが、それは今の流行だけに限ったことではなく以前から同じなのです。

つけまつげが日本で販売され始めたのは1947年ということで、最近の若い人たちの間でも流行していますが実際にはずっと以前より販売されていたものだったのです。
しかし、この1947年に初めて販売されたつけまつげというのは、現在のように誰もが当然のように利用するような物ではなく、浅草の芸者さんたちが使うために作られていました。
その、芸者さんたちのためのつけまつげを作っていた会社というのが、実は今でもアイメイク用品などで有名なKOJI(コージー)なんです。
KOJIの化粧品を使ったことがあるという方は多いかと思いますが、今だけではなくずっと以前からつけまつげを販売していました。

KOJIのつけまつげが販売される前までは、芸者さんたちは自分で自分の髪の毛を使ってつけまつげを自作していたそうです。
KOJIはその手作りのつけまつげを販売し、最近ではいろいろなところで当たり前のようにたくさんのつけまつげが販売されるようになりましたが、そんな中でもKOJIのつけまつげは未だ丁寧に手作りされているそうです。
KOJIという会社の名前は知っていたり、普段からつけまつげなどのアイメイク用品を愛用しているという方でも、こういったことは知らずに何気なく使っている方が多いかもしれませんが、こういった背景を知るとさらにつけまつげでメイクを楽しみたくなりますね。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社