コスメ

カラーコンタクト
海外のカラーコンタクト

海外のカラーコンタクトカラーコンタクト人気の勢いは今、ものすごいことになっています。
当然ながら、日本だけではなく海外でも盛んに販売されています。
海外では日本のようなアニメ的な目になるような縁取りされたコンタクトは存在していません。(2013年2月現在)
アジア人とその他外国人では目の色が異なっているため、そもそものカラーコンタクトの需要自体が少ないことが要因となっているようです。
人気が高いカラーコンタクトですが、通常のコンタクトレンズと同様に定期的に交換する必要があります。

カラーコンタクトですが販売メーカーは装着期間を申請する必要があります。
コンタクトレンズの状況によって異なりますが、1ヶ月や1週間など使用期限が記載されていることが多く、それらは取り扱い説明書を参考にするのがいいでしょう。
申請はメーカーによってまちまちで、日本メーカーの申請と海外メーカーの申請では異なるケースも多くみられます。
使用期限が異なっていても全く同じ品質のものも存在し、これらは申請時の諸事情や営業戦略などに関わっているようです。
通信販売では海外から輸入したカラーコンタクトレンズについても、取り扱われています。
同じカラーコンタクトでも日本国内では2週間ほどの使用期限に対し、海外から輸入したものは1ヶ月になっているケースも存在します。

つい忘れてしまいがちですが、コンタクトレンズを装着してしまったまま眠りについてしまうといった報告もされています。
これはコンタクトレンズの装着によって角膜が乾いてしまい、ドライアイになってしまうといったケースも存在します。
こうしたことを避けるためにも、こまめに目薬を使用することは重要といえるでしょう。
若い女性を中心に、カラーコンタクトはおしゃれの一環として考えている人が多いのですが、目に負担をかける物であるということを忘れてはいけません。
花などに縁取りされたカラーコンタクトは、特に夜など入ってくる光が限られた時間帯では、視野が狭くなるといったことも指摘されています。
光は瞳孔の大きさと深い関わりがあります。
安いカラコンは海外製のものも多くみられます。
海外製のものは説明書に関しても英語の場合が多いので、気をつけてください。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社