コスメ

カラーコンタクト
度なしカラーコンタクト

度なしカラーコンタクト今や多くの人が使用しているコンタクトレンズは視力矯正機器の1種であり、めがねをかけたくないといった人の装着が多くみられます。
コンタクトレンズは角膜に直接装着するものであり、危険性もあり、高度管理医療機器の指定を受けています。
カラーコンタクトは本来従来から販売されているコンタクトレンズと同様に高度管理医療機器の指定を受けるべき商品だったのですが、雑貨扱いとして販売されています。
そのためカラコンは多くの人にとって、つけまつ毛と同じ位置づけのアイテムとなってしまいました。
しかしながらカラコンのトラブルが多くみられ平成21年には薬事法の見直しが行わる事態となります。
これによりカラーコンタクトは高度管理医療機器の指定を受けることとなったのです。

こうした背景には、目に負担を与える低品質なカラーコンタクトが多く出回ったことがあります。
またこれが原因でトラブルが多発するといった事態となりました。
カラコンは度が入っていないものが一般的であり、いわばダテメガネと同じような位置づけと言えます。
近年では目が悪い人たちからの要望も多く、近視や乱視対応の度入りのカラーコンタクトが販売されるようになりました。
カラコンの特徴として眼球部分に色がついているだけではなく、瞳を大きく見せる働きがあったり、瞳の周りに花柄模様がついているといったデザインのものもあります。
こうしたカラコンを装着すると、おもちゃのお人形さんの目にそっくりに見えますよね。
お人形さんのような瞳でじいっと見つめられた相手の人は、どんな気分になるのでしょうか?
ファッション雑誌では当たり前に見かけるようになったお人形さんの目のようなモデルたちは、みなさんカラーコンタクトを使用しているといっても過言ではありません。

カラコンを装着するとまるで日本人ではないような独特な雰囲気があり、ちょっとだけ外国人風に見えなくもありません。
カラコンの使用は年齢によっても、大きくイメージが異なってくることと思います。
カラーコンタクトは目を大きく見せる効果がありますが、その反面SF映画等に出てくる異性人のような独特な雰囲気があります。
もしあなたの恋人(彼女)がカラコンを装着したらどう思いますか?
デートやおでかけのときの装着なら問題ありませんが、会社やかしこまった公式の場でのカラーコンタクトの使用は控えるべきです。
大事なのは、何事もその場の雰囲気に同調するといったことです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社