ビューティー

ウィッグ
ウィッグ内部の素材

ウィッグ内部の素材ウィッグは、人毛か人工毛かと外から見える素材のみを気にしがちです。
しかし、ウィッグは装着する内部のつくりもしっかりとチェックして購入するようにしましょう。
自分の肌にあたる部分なので、内部のつくりが悪いと地肌に悪い影響になる可能性があります。
毛根にダメージを与えてしまいますから、自分の毛根を傷めつけることになってしまいますよ。
内部のつくりはどうか、購入する前にチェックしてくださいね。

ウィッグの内側の仕組みは、ネットにピンなどが使用されています。ネットに両面テープなどが使われていることもあります。
ウィッグそのものの土台ですね。土台はそのウィッグの基礎ですから、非常に大切です。

ネットの資材には、ナイロンなどが使用されていたり、ガーゼなどの肌に優しい素材もあります。
色々な素材が使われていますので、素材によって優れている部分が異なります。
通気性のよいものもあれば、吸水性があるものなど、様々です。
どの機能が一番重要かは、つける人によって違います。一番自分に合った素材を選んでくださいね。
試着して比べてみると、装着感もわかります。
ネットの素材選びは大切で、このネットに毛髪が植えられて、ウィッグになっています。
ですから、ネットの質が悪ければウィッグ自体の質が悪くなってしまいます。

ピン、もしくは両面テープで自分の頭にウィッグを装着することになります。
自分の頭にしっかりと固定できるかどうかも見極めなくてはなりません。
せっかく見た目がよくても、不安定で装着しなくてはならないのではもったいないですよね。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社