ビューティー

ウィッグ
人毛と人工毛の違い

人毛と人工毛の違い人毛を使ったウィッグと、人工毛でできたウィッグ、素材が違います。
人毛は人の髪の毛を素材にしたウィッグで、人工毛は作られた髪の毛を素材にしています。
人毛のウィッグといっても、そのままの状態ではなく、加工をしています。
加工されている分、髪の毛そのままの雰囲気というわけにはいきません。

人毛の場合、長持ちするという利点があります。同じウィッグを長い間使うときには、長持ちする人毛のウィッグがいいのではないでしょうか。
熱にも強くなっているので、ドライヤーをかけても傷みにくいですよ。

では、人工毛はというと、素材はポリエステル、アクリルを使って作られています。
人毛との違いは、その艶感です。また、お手入れの仕方も簡単になっているので、あまり手間をかけたくないという人は人工毛がいいと思います。
熱には強くないため、ドライヤーをかけたりするとダメージを与えてしまいます。
80度ぐらいを超えた温度をあててしまうと、変形してしまう可能性があります。
また、人毛のように長い間同じものをというよりも、気分によって髪型を変えるという人に向いています。

今は人毛ミックスという人毛と人工毛のミックスされたウィッグもありますよ。
人毛ならば、ウィッグの髪型をアレンジして使ったり、染めると自然と色落ちしたりと、通常の髪の毛のように扱うことができます。
人工毛は、髪型のアレンジはできませんが、染めても自然な色落ちはせず、染めた色を保つことができます。

それぞれのメリットやデメリットをふまえたうえで、購入するときには素材から選びましょう。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社