ビューティー

ウィッグ
装飾品としてのウィッグ

装飾品としてのウィッグふたつ目は、ウィッグを使用する目的として、ファッションの一部の装飾として使用する人が増えています。
最近始まった使用方法だと思うかもしれませんが、実は昔はウィッグは装飾で使用するものだったのです。
古代に使われていたウィッグは、正装時につけていましたし、儀式の際につけられていたからです。
そのため、薄い頭髪を隠すという目的よりも、ファッションの一部として使われている方が歴史が長いわけです。

カツラと呼ばれるものと、ウィッグと呼ばれるものの違いというのは何かあるのかというと、特にあるわけではありません。
同じ原料のポリエチレンや化学繊維などでできている人工毛髪です。
しかし、目的が違うために、原料が同じでも違う物のようにも見えます。
カツラは、やはり髪の毛を多く見せるためにありますから、つけていても自然に見えるように作られています。
ウィッグは、ファッションアイテムですから、華やかで美しい印象が出るように作られています。

エクステもウィッグのひとつとして含まれているものです。
頭につけるもので、人工毛髪であればウィッグと呼ばれているのですね。
演劇で使用するものもウィッグですから、ファッションアイテムとして使用するもの以外でもウィッグは存在しています。
装飾として使われるウィッグの場合は、機能などは特に重視されていません。
見た目が華やかで美しいかどうかが一番大切にされています。
しかし、あまりにも違和感があっては、ファッションアイテムとしてもどうかと思いますので、見た目は自然な頭髪に見えるようになっています。
芸能人がコントで被るウィッグなども、同じファッションで使用するアイテムとして分類されるものです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社