ビューティー

ウィッグ
補足品としてのウィッグ

補足品としてのウィッグウィッグはどのような目的で使用されているかというと、大きくわけると2つに分かれます。
ひとつ目は、薄くなった頭を隠すために用いられます。ないものを補う、という使用方法です。
補足品ということですね。

人の髪の毛が薄くなるのは、仕方がない場合もあります。歳をとった、遺伝、ストレスが多いなど色々と原因はありますし、いくら気をつけていても薄くなってしまう人はいます。
がんの治療などを行っていると、抗がん剤の副作用で髪の毛が抜けてしまうということもあります。
髪の毛が薄くなった状態では、恥ずかしいと感じる時に、隠そうとしてウィッグを使用しているのです。

隠すために使用するウィッグというのはあまりいいイメージがないですよね。
髪の毛が薄いことを隠しているという点、隠している行為が恥ずかしいという考えになっている人は多いのです。
利用者に中年男性が多いのと、ウィッグとは呼ばず、隠すために使用する際にはカツラと呼ばれているのも原因かもしれませんね。
やはり誰しもがあまりいいイメージは持っていないと思います。

最近はそれではいけないと悪いイメージをなんとか変えていこうと、動きはじめています。
恥ずかしいものではないということをアピールしているのです。
カツラと呼ばれていたものをウィッグと呼ぶようにもなりました。
カツラだとどうしてもマイナスイメージが先行してしまいますので、ウィッグという呼び名を世の中に浸透させ、CMなども放映されるようになり、ウィッグ自体のイメージアップのために工夫しています。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社