ビューティー

ホワイトニング
ホワイトニングの問題

ホワイトニングの問題歯を白くする処置をホワイトニングといいます。歯医者でやってもらう処置です。
このホワイトニングには2種類あり、歯医者で全てやるものと、家でやるものです。

しかし、ホワイトニングをしていると歯が弱くなってしまうという話もあります。
これは本当でしょうか?
まずはホワイトニングのやり方からご説明します。
ホワイトニングは薬を歯の表面に塗って、その上から光を当てて定着させます。そうすると、歯の内部の色がなくなるので、歯が白くなります。
薬剤を歯に塗るわけですから、この薬剤が歯にとってよくないのではないか、という事になります。
歯の黄ばみの原因としては、歯の内部の色が黄ばんでいるからであり、決して表面の汚れだけの問題ではありません。

最初は歯を白くするといえば、歯の表面を削るという方法を取っていたのですが、それではやはり歯を傷つけることになります。
そのうちに歯科医学が進歩していったため、今のホワイトニングの方法を行えるようになりました。

若い人たちの間でのホワイトニングは非常に人気です。
しかし最近になって人気なのは日本だけです。欧米では当然の事ともされており、歯並びや歯の白さはしっかりとケアしておくべき事になってきています。
そのため、昔からホワイトニングも行われていました。
それが日本でもやる人が増えてきて、おおよそ6年前ぐらいから多く行われるようになりました。
それまでは歯の表面を削ってやっていたものが方法を改めたのです。

しかし、最初は問題が山積み。費用が高い点と、人によって効果に差が出てしまうという点です。
白くなるはずの歯が思ったよりも白くならなかったという問題が出てきてしまったのです。
その後に薬剤も見直され、よりよいホワイトニングができるように進化を遂げています。
今では歯に対するダメージもほとんどない薬剤を使って行われています。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社