ビューティー

ホワイトニング
ホワイトニングを知る

ホワイトニングを知るホワイトニングという言葉は最近よく聞くと思いますが、これは日本でもまだまだ浅い技術です。
アメリカで実用化されたのも1989年と最近のものです。

審美歯科と呼ばれる歯医者で処置をする事ができますが、これは一般の歯医者とは異なります。
歯の美容とでも思ってもらえるといいでしょう。

そのため、当然の事に保険はきかないので、自分で全て支払わなければならない点が大変です。
ホワイトニングの場合は、表面の汚れだけでなく内面からキレイにしていく方法で歯を白くするので、特殊な薬剤を使って行います。
本当に白い歯にするには、内面の汚れもとらなくてはなりません。

流れとしては、まずは全体的に歯の汚れを除去します。そして、薬剤を歯の表面に塗ります。これが特殊なホワイトニング剤です。
そして、この上から光を当てます。これは歯医者でしかできない特殊な光になっています。
ここまで行うと、ホワイトニング効果が出てきて、歯の内部までしっかり汚れを取る事ができます。
色素をなくすため、白くなるのです。

ホワイトニングと呼ばれ始める前は、ブリーチングと名前で行われていました。ブリーチというのは漂白という意味ですから、ちょっと名称としてはあまりよくありませんでした。
そこから、ホワイトニングという名前に変わったようです。

歯を白くするには表面の汚れを取り除けばいいと考えている人は多いですが、実際はそうではありません。
歯を削るなどという方法で行われていないのです。
削らずに歯の色素を分解して白くする方法です。

ホワイトニングは、歯に対するダメージはほとんどありません。
それで白い歯を取り戻せるならとホワイトニングをする人が増えてきているのです。
表面の黄ばみよりも、歯の内部の色まで取り除かなければ白い歯を実現できません。

ホワイトニングは一度やったらずっと白いわけではありませんから、定期的なケアをしっかりしてくださいね。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社