ビューティー

トリートメント
ダメージヘアの原因その3

ダメージヘアの原因その3そういったことから、美容院に行くということは何らかのダメージを髪に与えているということになるわけです。
パーマなども、よくご存知の方が多いでしょうが髪に大きな負担を与えています。
ですから、毎日トリートメントをしているから、と安心してしまっている方も、こういったダメージが髪には蓄積されているということを頭に入れておきましょう。

他にも、シャンプーやリンスによく含まれている、コーティング剤も問題です。
洗って乾かした後にはとてもさらさらで手触りが良く、なんとなく髪に良いような印象を持ってしまいがちですが、実際にはそのコーティングのせいで髪の呼吸が妨げられているのです。
包まれている髪は、油やけの状態になりやすいためダメージも受けやすくなります。

さらに紫外線の影響でダメージを受けるということもありますね。
頭は特に防いでいない限り一番日光に当たりやすいですが、やはり紫外線で髪が傷むということもあるでしょう。

また、ドライヤーなどの熱によって髪にダメージを与えているということも考えられます。
髪を乾かすにはワット数の高い強力なドライヤーが早くて便利ですが、逆にそれだけ髪にダメージを与えてしまうということにもなります。
ドライヤーの前に塗ることができるトリートメントなどを活用して、髪を守っておかなくてはなりません。

こういったさまざまな髪のダメージは、特に珍しい事柄ではありませんから日常的にダメージを受けているということになりますね。
これらのダメージから髪を守れるかどうかは、自分自身の心がけ次第という部分が大きいでしょう。
ダメージを減らすため、ヘアケアについてよく考えておくべきです。

まず熱についてですが、ドライヤーというのは髪の性質に大きく影響するものなのだそうです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社