ビューティー

トリートメント
トリートメントの温度その1

トリートメントの温度その1季節ごとに環境も変わりますので、髪の状態にも差が出るというのは自然なことかもしれません。夏は日差しが強く、さらに紫外線などの影響もありますので髪が受けるダメージも大きいでしょう。
しかし、違いはそれだけではなく単純に気温にも大きな差がありますね。気温の違いはトリートメントの温度にも関わってきますので、その点もヘアケアには欠かせない要素です。

トリートメントが浸透するには高い浸透力が重要ですが、トリートメントの性質として温度を少し上げるだけで浸透力が変わるという話があります。つまり、トリートメントの効果を上げるためによく蒸しタオルなどを利用しますが、それらは理にかなった方法だといえるわけです。
その逆として、トリートメント時の温度の低さは浸透を遅らせてしまうという結果にもつながります。

ここでは気温の関係から、冬と比較して夏は気温が高くトリートメントに向いているのではということが言えそうですが、実はそのように一概には言えません。夏の場合、気温の高さがありますから普段からトリートメントに最適なようですが、シャワーを使用すること多く、そのシャワーの温度は冬と夏とで大きく違うものです。

こうした詳細な条件の違いなどがありますので、髪の状態を本当に良くしたいのであれば温度についてもしっかりと理解しておく必要があるでしょう。冬にシャワーを浴びる場合には温かく、そして夏はほぼ水と言っても良いようなぬるめの温度であることが良いかもしれません。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社