ビューティー

トリートメント
トリートメントのテクニックその1

トリートメントのテクニックその1トリートメントでヘアケアをしている方は多いかと思いますが、どのようにして使用していますか?
近頃は髪のダメージに悩む方が多いですからトリートメントの存在は欠かせないものとなっていますね。特に女性がいる家庭ではほとんどの場合トリートメントを常備しているのではないでしょうか。

使い方としては一般的にシャンプーをした後の髪に適量を塗って洗い流す、という流れが多いかと思います。
こだわりのある方であれば、お風呂に入る際に蒸しタオルなどを使用して熱を与えてさらによく浸透するような工夫をされているかもしれません。
ある程度の時間を置くことでトリートメントの浸透も良くなりますし、蒸らしの効果によってさらに髪にしっかりと馴染みます。

こういった方法以外にも、トリートメントをより効果的に使用する上級テクニックといえるような方法があります。
その方法とは、ハンドケアというものです。ヘアケアによく用いられる手法で、ディープケアという技術になります。
こういった、ハンドケアやディープケアという言葉を耳にしたことはあるでしょうか。
一般的にはあまり馴染みのない言葉かもしれませんが、プロの間ではよく知られている言葉だそうです。

トリートメントのハンドケアは、髪本来に備わっている自己修復機能を利用して行われるものです。人には、自分自身の体を自力で治そうとする機能が元々備わっています。自己治癒力という機能ですね。
肌も同じように、自力で治ろうとする力があります。しかし、髪についてはどうなのでしょうか。
一度ダメージを受けてしまった髪は、トリートメントなどで外側からのケアもしていかなければ改善することはできません。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社