ビューティー

トリートメント
トリートメントのタイプその5

トリートメントのタイプその5最後にトリートメントをすすぐのですが、商品によってしっかりと洗い流さなければならないものもあれば、軽く洗い流すだけで良いものなどもありますので、きちんと使用方法を読んでどういったタイプなのかを確認しておきましょう。
トリートメントは塗った後にしばらく放置することでよく浸透します。
こういった使用方法をする場合には、放置時間中にそのまま待つよりもお湯でぬらして絞ったタオルや蒸しタオルなど、熱や湿気を利用することでさらに高い効果が期待できます。
お風呂のお湯に浸かりながら蒸しタオルなどを頭に巻いておくことで、効率的にトリートメントの効果を引き出すことができます。熱だけではなく、お風呂場自体の蒸気もトリートメントの効果を引き出すには役立ちますね。
そして、トリートメントを流した後にリンスを使用するという方法も良いでしょう。効果や目的などが違いますので併用も問題になりません。

熱を利用して浸透させるタイプのトリートメントの場合は、また違ったひと手間をかけることで効果を上げることができます。
まず、ダメージが気になる部分の髪をブロッキングします。分けられたら、トリートメントを塗りラップでそれぞれ包んでいきます。そのままの状態で、ラップの上からドライヤーなどで熱を当てて髪にトリートメントの栄養成分を浸透させるのです。
重要な点は、少し手間ですがきちんとラップでくるむことです。もしラップ無しで髪に直接熱風を当ててしまうと逆にダメージの原因となってしまいますので、ラップを巻く手順は省かないでください。

他にも、近頃は洗い流さないタイプのトリートメントの人気も高まっています。リキッドタイプ以外にもムースタイプやクリームタイプなどさまざまなものがあります。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社