ビューティー

トリートメント
トリートメント以外で髪を改善その2

トリートメント以外で髪を改善その2ミネラルは魚介類に多く含まれています。ぜひ積極的にマグロやカキ、ホタテ、えびなどを食べるように心がけてみると良いかもしれません。また、魚介類だけではなく、昆布やわかめ、海苔といった海藻類やおくら、なめこ、山芋などにもたっぷりと含まれています。

髪の状態を改善するには、外側から働きかけることはもちろん食事から摂る栄養など内側からの働きかけも重要な要素なのです。

さらに、健康的な髪に必要な栄養素としてはビタミンAもとても大切です。なぜかというと、ビタミンAは頭皮の状態に大きく関わる栄養素で、ビタミンA不足は不健康な頭皮を招いてしまうからです。ビタミンAは一般的に緑黄色野菜に多く含まれるということが知られていますが、それ以外にも卵や牛乳などのおなじみの食材のほか、レバーやウナギなどにもたっぷり含まれています。

このほか、髪に良い栄養素といわれているのはビタミンB2、B6、E、さらにPといったビタミン類です。
なかでもB2は細胞分裂に大きく関わっている栄養素ですので、髪の健康を考えるとしっかりととりたいところですね。
サバやウナギ、カレイなどの魚のほかにレバーにも含まれているのでうまく取り入れてください。
そのほか、タンパク質の代謝に関わっているB6も重要です。
こちらは青魚に多く、サンマやサバ、いわし、マグロ、鮭などから多く摂ることができるそうです。
ビタミンEは血行促進と言う働きがあります。そのため、髪までしっかりと栄養を送るために必要になります。
ナッツ類やゴマに多いそうです。

最後に、他のビタミン類に比べて少し聞きなれない名前のビタミンPですが、こちらは血管拡張という効果があります。これはつまり、血行を促進することになりますので、ビタミンEと同じように頭皮や髪までしっかりと栄養を届けるためには必要な栄養素なのです。
かんきつ類に多く含まれるビタミンです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社