ビューティー

ネイルサロン
ネイリストの検定試験

ネイリストの検定試験ネイルをいつもやってもらううちに、自分でできたら楽しそうだなぁと思い始めると、自分でできるようになるため、検定を受けて資格を取得しようと考えはじめる人もいます。
ネイリストとして働きたいという場合にも資格はほとんどの場合が必要になってきます。
そこで、ネイリストの検定試験を受ける必要があります。

ただし絶対必要なものではありません。ネイリストは国家資格などではありませんので、資格がなくてもネイリストと名乗る事は可能ですし、施術もする事ができます。
しかし、ネイルサロンを利用する時にまずは資格があるネイリストかどうかというのは利用者としても確認したいですし、資格がなければネイリストとして雇えないという店舗もかなり多いのです。

ネイルサロンが多くなってきている今、全国では500店舗ほどのネイルサロンがあります。
そんな競争の中で資格も無しにネイルサロンを開業するとしても、なかなかお客さんがつかない状態が続いてしまうと思います。
認定ネイルサロン以外にもネイルサロンはたくさんあるので、埋もれてしまいます。
ですから、日本ネイリスト協会のネイルの検定試験を受けておく事がお薦めですし、ネイリストとして仕事をするためには非常に有利な状態にする事ができます。

この日本ネイリスト協会で主催している検定試験としては、「JNAジェルネイル技能検定」という検定と、「JNEネイリスト技能検定試験」があり、2種類に分かれています。
これはどのように違うかというと、JNAジェルネイル技能検定の場合はジェルネイルに対する検定試験になります。ジェルネイルはネイリストとしては基礎となってきます。
上級と初級とがあります。
もうひとつのJNEネイリスト技能検定試験は、知識と技術がネイリストとして十分であるかどうかの検定試験になります。こちらは1級から3級まであります。
これらの検定試験を合格して、資格を取得していき、ネイリストとして活動する人がほとんどです。
また、しっかりネイルの勉強をしたというアピールにもなりますよ。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社