ビューティー

ヘアカラー
ホーユーのヘアカラー

ホーユーのヘアカラーヘアカラーはさまざまなメーカーが開発を進めています。
そして、そんな中でもヘアカラーの分野では特に有名なのが「ホーユー」という会社です。メーカー自らが「ヘアカラーのホーユー」としているところから、どれだけヘアカラーに力を入れているのかが伺えますね。

分類的には頭髪化粧品メーカーということになるのでしょうが、化粧品メーカーというよりもヘアカラー専門メーカーといってしまっても過言ではないほどです。
ヘアカラー以外にも大衆薬を製造していますので、医薬品メーカーという表現が一番正しいのかもしれませんが、取扱商品はほとんどがヘアカラーリング剤であり、一般的にもヘアカラーのイメージが強い会社だといえるでしょう。

実はとても古い歴史を持つ会社としても知られていて、「水野甘苦堂」というホーユーの前身となった会社は1905年に創業されました。
そして1921年に「元禄」という白髪染め用の商品を発売し、その商品がヒットしたことでそれ以降は白髪染めのメーカーとして消費者の間でも定着し、1964年に現在の社名に変更されました。

現在、ホーユーにはたくさんのブランドがあります。有名なところでは「Bigen(ビゲン)」などがあります。ビゲンはCMなどでもおなじみですので、白髪染めなどに興味がない方でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
ビゲンヘアカラーは1971年に販売開始となり、瞬く間に大ヒット商品となりました。ホーユーの中でも有名ブランドで、現在も多くの方が使用しています。
それ以外には「Cielo(シエロ)」や「Beautylabo(ビューティラボ)」そして男性用の「Men's Bigen(メンズビゲン)」など、多くの有名なブランドが存在します。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社