ビューティー

ヘアカラー
ヘアカラーの使い方

ヘアカラーの使い方ヘアカラーを使用するには、まずは流れを把握しておく必要があります。
基本的には、大まかな流れとして1.ヘアカラーリング剤を塗布する、2.決められた時間を置く、3.薬剤を洗い流す、といった手順になります。
もちろんこの中で一番注意点が多く重要になるのが塗布の段階ですが、タイプによっていろいろと違いがあるためひとまとめに説明することはできません。そこで、それ以外の部分についてここで説明したいと思います。

まず、ヘアカラー剤の塗布後にそのままの状態で一定時間置き、色を定着させます。このとき、決められた待ち時間が商品の取扱説明書などにきちんと記載されているはずですので、それをしっかり見て確認しておきましょう。
ヘアカラーはいろいろな条件によって仕上がりが変わります。気温や湿度などの条件が仕上がりに影響を与えますので、そのときの状況次第で待ち時間を調節しましょう。
ですから、念のためにと考えるならきめられている時間よりも少し長めに放置するというのも良い手段と言えます。

次に、最後の行程となる洗い流しですが、薬剤を流すだけですしシャンプーはいつも行うことですから軽視されてしまいがちなのですが、これは実はとても重要なのです。
シャンプーでもきちんと洗い流せていない場合髪や頭皮に負担がかかるという話は一般的にもとてもよく知られています。これが、シャンプーよりも刺激が強いカラーリング剤に置き換えてみると、そのダメージの大きさも想像に難くありませんね。ですから、油断せずに念入りな洗い流しが必要です。
洗い流す際には頭皮を傷つけないように優しく洗いましょう。しっかり落とさなければいけないからといって、力を入れすぎて地肌を傷つけてしまうことも考えて洗いましょう。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社