ビューティー

ヘアカラー
ヘアカラーのノズル別特徴

ヘアカラーのノズル別特徴ヘアカラーを実際に塗布し始める前に、もう少し確認しておくべきことがあります。もちろん、そのヘアカラー自体は内容をじっくりと比較して購入したものだと思いますので良いのですが、最後に確認しておきたいのがその商品についているノズル部分です。
ヘアカラーを使用する際には、この「ノズル」がどのようなタイプなのかによって塗布するときの扱い方や使用感などに違いが出てくるのです。もちろん、どのノズルがだめ、このノズルでなければだめということはありません。
ただ、それぞれのノズルの特徴を知り、使用するものに合った使い方ができるようにしておくべきでしょう。

まず、ノズルの種類ですが「コーム型」「クシ型」「ワンプッシュ型」「ノズル型」といった種類があります。

まずコーム型ですが、上のほうがコームになっているタイプです。横向きにくしがついていて塗布と同時に髪をとかしながら満遍なくカラー剤を馴染ませることができるという便利なタイプです。
スムーズコームと呼ばれるものがほとんどで、容器を握ってカラー剤を出しながらとかします。力加減次第でカラー剤の量が調節されるので中級者以上の方なら扱いやすいタイプです。

クシ型は、コーム型と同じように上部がクシになっています。こちらもコーム型のようにとかしながら満遍なく塗布で着るので簡単で、しかも容器を下に向けてカラー剤を出しつつ塗ることができるので誰にでも簡単に扱えます。初心者でも気軽に仕様できるタイプです。

ノズル型は上部がノズルになっているシンプルなタイプです。部分染めが簡単にできますので、場合によってはとても便利です。

最後に、ワンプッシュ型というのはシャンプーなどによく利用されている形で、出しすぎの心配が要らないのが特徴です。しかし、出した分をうまく塗り広げなくてはなりません。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社