ビューティー

ヘアカラー
ヘアカラー前の準備

ヘアカラー前の準備使用前のパッチテストで特に異常がでなかった場合、次はいよいよヘアカラーを実際に塗布していく作業に入ります。
しかし、実際に塗布する前に、カラーリングの準備が必要になります。もちろんヘアカラー剤でカラーリングを行うのですが、必要になるのはそれだけではありません。他にも準備しなければならないものがあるのです。

必要なものは、まずタオルやティッシュペーパー、鏡、下に敷く新聞紙などです。そして服や身体を汚さないようにしっかりと対策をしたい場合にはケープなども必要になります。
さらに、ヘアカラーの場合ですとカラーリング剤を落とすためのシャンプー、そしてトリートメントも必ず必要です。
クシ(非金属製)や、輪ゴム、油性クリームなどを使用するとカラーリングがさらにやりやすくなるでしょう。
また、時間も気にしなければならないので時間がわかるように時計や携帯電話などを見える場所においておくというのも良いですね。

事前の準備で髪を洗う必要はありません。よほど汚れがひどい場合は別ですが、たいていの場合そのままで大丈夫でしょう。
パーマがかかっている場合には注意が必要です。パーマをかけた後は1週間ほどカラーリングは避けなければなりませんので、パーマをかけた直後には行わないようにしましょう。
髪は乾いた状態で、クシでとかしておきます。

髪以外の準備としては、ケープを巻いておくと便利です。ケープがなければ大きめのタオルなどでの代用も可能です。
また、カラーリング剤が垂れて床を汚してしまうことも考えられますので新聞紙を敷いておいたり、耳周りやうなじなどに油性クリームを塗っておき、最後にビニール手袋をはめます。これで準備はほとんどできました。
メガネやアクセサリー類(ネックレス、ピアス、指輪、イヤリングなど)は事前に忘れずに外すように注意しましょう。
できれば、20~25度の室温に設定しておくと染まりやすいでしょう。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社