ビューティー

ヘアカラー
ヘアカラー前にはパッチテストを

ヘアカラー前にはパッチテストをヘアカラーは、カラーリング剤の中でも持ちが良く、しかもコストという点でもとても優れており、手間もあまりかからないので髪色にこだわりたい方にはとても重宝するアイテムです。

しかし、そういったメリットがある以上、やはり商品ごとに差はありますが多少刺激の強さという面も考えなければなりません。皮膚の敏感な方などは特にですが、身体に影響を及ぼすこともあるということはしっかりと把握しておかなければなりません。

そういったこともふまえて、ヘアカラーを実際にやってみる前には「パッチテスト」をすることが薦められています。
パッチテストとは皮膚アレルギー試験のことで、皮膚に対して刺激を与えてしまう薬剤などを使用する際には必ず行うものです。ヘアカラーも刺激のある薬剤を使用しますので、その例に漏れずにパッチテストを行うべき範疇にあるというわけです。

皮膚アレルギー試験という言葉にしてしまうとなんとなく大掛かりなイメージもあり少し怖いですが、パッチテストはヘアカラー以外のさまざまな化粧品でも実施を呼びかけられているものですし、とても簡単なものです。
ヘアカラーのパッチテストの場合、商品説明書を読んでからパッチテスト用に必要な分だけヘアカラーを綿棒などでとって腕の内側に塗ります。半径2~3cmほどの円を作るように薄く伸ばしながら塗ったら、そのご自然に乾くまで待ちます。そしえ48時間放置して経過観察をしましょう。
このテストで問題がなければヘアカラーを使用しても問題無しということになります。

しかし、このパッチテストを行って塗布した部分などに何か問題が起きた場合、その商品が合わないということになりますので使用できないということがわかるのです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社