ビューティー

ヘアカラー
頭部における染まりやすい部分、染まりにくい部分

頭部における染まりやすい部分、染まりにくい部分髪のカラーリングをきれいに仕上げるために知っておくべきことがあります。それは頭部の中でも部分的に染まりやすい部分、そして染まりにくい部分というように分かれていることです。
ですから、それを知らずに全体的に同じようにヘアカラーリング剤を塗ってしまうと、ムラのある仕上がりになってしまうことが多いのです。
ではどうすればキレイにムラなく染めることができるのかというと答えは簡単で、染まりやすい部分と染まりにくい部分を事前に把握しておけば良いのです。もちろんそれでも全体に均一にすることは意外と難しいのですが、慣れてしまうときれいに仕上げることができるようになります。

染まりにくい部分というのは白髪と黒髪とでも違いがあますので、それぞれ自分自身の髪の色に合った特徴を知るということがうまくヘアカラーリングを仕上げるコツとも言えるでしょう。

白髪の場合、髪が密集する部分は染まりにくいと言われています。そしてフェイスラインも意外と染まりにくいそうです。特に際立って染まりやすい部分というのはないようです。

黒髪の場合、うなじ~もみあげのあたりまでの後頭部の生え際が染まりにくいと言われています。
反対に、こめかみや頭頂部、地肌付近が染まりやすいとされています。

それぞれ、この自分の髪の色の特徴をしっかりと覚えておきましょう。基本的には染まりやすい部分への塗布を控えめにし、染まりにくい部分には多めに塗布することで均一に近い仕上がりになります。
クリームやジェルなどのカラーリング剤であれば量の調節が比較的簡単にできて塗りやすいため、バランスの良い仕上がりに近づけやすいはずです。
その反対にスプレータイプなどの広い範囲に塗布できるものに関しては、少し工夫が必要になるかもしれません。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社