ビューティー

ヘアカラー
ヘアカラーで染めやすい髪、染めにくい髪

ヘアカラーで染めやすい髪、染めにくい髪ヘアカラーリング剤の種類にはいろいろなものがありますが、その中でもヘアカラーは髪質次第で仕上がりに影響が出やすい部類に入ると言われています。
ですから、自分自身の髪質、そしてその髪質に合うカラーなどを把握してからヘアカラー剤を選ぶというのが理想的な流れではないでしょうか。
そこで、染めやすい髪質、そして染めにくい髪質というのをここでご紹介したいと思います。

はじめに、染めやすい髪質は基本的には「柔らかい髪」であるというのが一般的です。
柔らかい髪というのは、髪が細く、もともと明るめの髪色を持ち、しなやかな髪といった特徴があります。このような髪質であれば、もちろんカラーリング剤が浸透しやすいということもありますが、通常よりもより浸透する傾向にあるようです。
白髪の場合には黒髪とは違い、明るめの色であればよく発色しますが暗めの色はあまり馴染まないとも言われています。ですから、白髪を暗めの色にしたい場合には見本となっている色よりも1トーン暗めの色を選ばなければなりません。

軟毛の反対に染まりにくい髪質というと、やはり「硬毛」です。髪がごわつきやすかったり、髪1本1本の太さが一般的な髪よりも太い、元の髪の色が黒く濃い、パーマが通常よりもかかりにくいなどの特徴を持った髪です。こういった髪質の場合には、希望のカラーよりも1トーン明るいものを選んだほうが理想に近い仕上がりになりやすいはずです。
白髪でこういった髪質の場合にはこの傾向が強いですので、やはり1トーン明るいものを選びましょう。
反対に、暗めのカラーを希望する場合には、比較的色がしっかりと出やすいのでトーンは通常通りの選び方で良いでしょう。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社