ビューティー

ヘアカラー
黒髪を綺麗に染めるには

黒髪を綺麗に染めるには黒髪には、白髪にはないメラニン色素でしっかりと色がついています。しかも、黒という強調された色ですので染めるにはいろいろと難しい面もあります。
たとえば、絵の具で考えてみるとわかりやすいのではないでしょうか。白い絵の具をベースにして他の色の絵の具を混ぜてみると、白っぽくなったり色味が薄くはなりますがその色が主張しています。しかし、黒の絵の具に他の色を混ぜたところで色の変化はほとんど見られないでしょう。黒は、
その他の色よりも主張するので変えることが難しいのです。

しかし、絵の具での話とヘアカラーリングではやはり違いがあり、黒髪をカラーリングする際にはメラニン色素の脱色が行えるというところです。
黒という色を脱色して明るめの色に変えた後に色を入れることで好みの色に染毛できます。
ですから、黒髪に対するヘアカラーリングは茶髪の状態を染めるのと同じことになります。

白髪も同じ傾向でしたが、黒髪を染める場合も軟毛であるほうが色に染まりやすいといわれています。しかし軟毛ならばどんな色でも同じようによく染まるのかというとそういうわけでもありません。
黄系のカラーならば染めやすくもちも良いと言われているのですが、赤系の色味は黄系と比較すると持ちが悪いと言われています。
その反対に硬毛の場合には黄系の色が比較的なじみにくい反面、赤系の色味は仕上がりも持ちも良いそうです。

軟毛、硬毛のどちらでもない普通の髪である場合には、どちらの色味でも特に気になるような差がでないと言われているので、染めやすいはずです。黒髪だけに限った話ではなく白髪も同じように普通毛はカラーリングの際扱いやすい髪質だといえます。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社