ビューティー

ヘアカラー
白髪を綺麗に染めるには

白髪を綺麗に染めるには白髪は白髪用のヘアカラーリング剤や白髪染めなどを使用しなければきれいに染めることはできません。
白髪が白いのは老化などが原因でメラノサイトがうまく働かなくなってしまい、メラニン色素の色が髪にない状態だからです。
色素がないため、白い髪が生えるのです。

これは、逆に言えばカラーリングしやすい髪、思い通りの色にしやすい髪ということにもなりますが、これは柔らかい髪の場合のみです。
髪が元々硬い場合、白髪が染まりにくいという場合がほとんどです。

白髪染めを行う場合、もちろん白髪の白い色自体を隠したいということもありますが、色合いを整えて全体的にイメージチェンジしたいという方も多いようです。
年配者に白髪を紫に染めている方が多いことにも、好みだけではなくきちんとした理由があるそうです。
白髪はどうしても黄味がかった色になりやすく、それを解消するために黄色の補色である紫にカラーリングすることがよく勧められるわけです。
このように、カラーリングの際の色味によっても、仕上がりを美しくしたり清潔感を出したりができるようになります。

白髪を隠すという目的だけを考えると、濃い色で染めてごまかしたり、できるだけ色味を強くして隠そうとしてしまいがちなのですが、白髪を隠すには実際には色の濃さや色味の強さなどはあまり関係はなく、白髪のきれいな染め方を守ればそれだけできれいに染めることは可能になります。
清潔感や白髪をきれいに染めるという意味では、黒く濃くすることが重要となるわけではないということです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社