ビューティー

ヘアカラー
各ヘアカラーリングの特徴

各ヘアカラーリングの特徴ヘアカラーリングをする際には、各種カラーリング方法の特徴をそれぞれ知っておくということはとても大事です。コスト的にも、無駄な手間を省くという意味でも、各種のメリットなどをしっかりと理解したうえで自分の目的にあったものを選ぶようにしましょう。

永久染毛、いわゆるヘアカラーは2種類あり、酸化染毛剤と非酸化染毛剤というように分類されています。
その中でも酸化染毛剤は一度カラーリングすると2~3ヶ月ほど色を保つことができるとされています。もちろん持続期間が前後することはあるでしょうが、目安としてそのくらいもつので、持続性があるものだと言えるでしょう。
シャンプーの種類によっても色落ちまでの期間が違ってくるので、洗浄力の強いシャンプーを使用している方は目安よりも色落ちが早まるかもしれません。

もう一つの非酸化染毛剤に関しては、酸化染毛剤ほど長持ちではなく1ヶ月程度の持ちだと言われています。
しかし、その代わりに髪に負担を与えるような刺激は少なめで酸化染毛剤によってかぶれを起こしてしまった場合には非酸化染毛剤を使用すると良いと言われています。
しかしメリットばかりではなく、染毛に少し手間取ってしまう点やパーマがかかりにくくなるといった弊害もあるそうです。

最後に脱色剤のブリーチですが、こちらの持続は2~3週間になります。髪に与えるダメージの大きさは良く知られていますが、頭皮にはあまりダメージを与えないそうですので安心して使用できそうですね。
過硫酸塩が配合されている商品はかぶれやすいと言われているそうですが、配合されていないものもありますので試してみてください。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社