ビューティー

ヘアカラー
各ヘアカラーリングのメリット、デメリット

各ヘアカラーリングのメリット、デメリット髪を染める手段は一つではありません。目的に合わせていろいろな染料の中から選ぶ必要があり、染料の特徴は髪を染める仕組みの違いによってさまざまなのです。
その仕組みごとのメリットやデメリットを把握しておくことで、自分の望む用途や仕上がりなどに一番ぴったりの商品を選ぶことができるのではないでしょうか。反対にそれを把握せずに使用してしまうと望んだ結果にならない場合がありますから、しっかりとそれぞれの特徴を知っておきましょう。

まず、一般的にもよく利用されているヘアカラーについてです。
ヘアカラーは色もちは一番良いとも言われており、染めた髪色を長く楽しみたいという方はこの方法を用いることが一般的でしょう。一度カラーリングしてしまえば長期間持続しますので、コストパフォーマンスの面でも優れています。
しかし、デメリットとして髪や頭皮へ与える負担があります。

ヘアマスカラはそんなヘアカラーとは反対の特徴を持っています。
持続性は最も低く、一度髪を洗ってしまえばそれで流されてもとの髪色に戻ります。
しかし、ヘアマスカラという商品の特性はその短期間の染毛を目的とした使用が前提ですので、「一日限り」という短期的な部分がメリットとなっています。浸透してしまうものではなく表面だけ着色しているので髪への負担もなく、気軽に使用できます。
しかし、手軽に落とせる反面、汗などで色落ちしたり、色むらができてしまうこともあるようです。

ヘアマニキュアはご紹介した2種類のカラーリングの中間的な存在であり、持続性や髪へのダメージなども両方の中間といったところです。

ブリーチに関しては脱色ですので髪への負担はかなり大きくなりますが、その代わり一番明るい色合いを実現できますので、髪色にこだわりがある方にとってはブリーチでなければだめという人も多いでしょう。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社