ビューティー

ヘアカラー
ヘアマニキュアによる染毛のしくみ

ヘアマニキュアによる染毛のしくみ髪を染める手段はたくさんあり、それぞれ髪色を変えるまでの仕組みには違いがあります。そして、それによってどの程度持続するのかという部分や髪色をどの程度変えられるのかに違いが出てくるのです。ヘアカラーは永久染毛、そして毛髪着色料を使用する場合は一時染毛ということになります。
しかしこれだけではありません。このどちらでもない、中間的な存在の染料というのも存在しています。それが「ヘアマニキュア」と言われる半永久染毛料になります。

ヘアマニキュアはとても有名なものですのでご存知の方が多いかと思います。
人間の髪の毛は帯電していますので、その性質を利用して着色するのです。髪の表面には「プラスイオン」があるのですが、ヘアマニキュアには「マイナスイオン」が含まれています。これを髪に塗ることで表面にあるプラスイオンと結びつき、髪を染めることができるわけです。つまり、ヘアマニキュアのカラーリングはイオン結合であるということになります。

さらに、ヘアマニキュアの中には酸性染料が配合されているため、永久染毛ほどしっかりと浸透するものではありませんが薄く浸透しますので、キューティクルの隙間などには行き渡ります。ただし、キューティクルを開かせて染毛するものではないので奥深くまでは浸透しません。
また、過酸化水素水も配合されていないのでメラニン色素に働きかけて脱色するなどの作用もありません。髪色を明るく脱色してから染めるものではなく、元の髪色に塗料を塗って色味を変えるというものですので見た目の変化はそこまで大きくならないでしょう。

一時染料のようにすぐに落ちるものではなく、一般的なヘアカラーのようにしっかり浸透するというものでもないため、中間的な存在の染料といえるのではないでしょうか。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社