ビューティー

ヘアカラー
ヘアマスカラによる染毛のしくみ

ヘアマスカラによる染毛のしくみヘアカラーの仲間として、少し特殊な存在なのが「一時染毛料」と呼ばれているものです。
一般的なヘアカラーである「永久染毛剤」とは違い、一時的に髪色を変えるというもので、時間の経過で色落ちしたり、髪を洗えば色は消えてしまいます。ですから持続性はありません。
しかし、だからこそ一時的に髪色を変えたいというときにとても役立つのです。

こういった「一時染毛料」という分類の中でも一般的によく知られているのが「ヘアマスカラ」でしょう。ヘアマスカラの仕組みは、染毛効果が持続するほかのカラーリングとは大きく違っていますので、その仕組みをご紹介したいと思います。

ヘアマスカラは髪にそのまま塗るだけです。キューティクルを開いたりすることもありませんし、塗布する着色料の分子は大きいので髪に浸透することはなく、ただ表面に付着して色を変えたように見せるだけです。たったこれだけのとても簡単な仕組みです。つまり、髪の表面に着色料をつけているというだけなのです。樹脂などで髪に付着させているだけですので、髪を洗えば落ちるということです。

ヘアマスカラは、洗えば落ちる一時的な染毛ですので、その日限りのカラーリングということになります。髪色を変えたい事情がある場合、必要なときにだけ髪色を変えて、用事が終わった後はシャンプーをすれば元に戻せるので一日だけ髪色を変えたいという事情がある方にはとても便利なアイテムではないでしょうか。一時的に黒髪から明るい髪色にしたいという場合にはもちろんですが、普段は明るい髪色で一時的に黒髪にしたいという場合にも使えます。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社