ビューティー

ヘアカラー
ブリーチによる染毛のしくみ

ブリーチによる染毛のしくみヘアカラーの中でも大きく分けると「染毛」と「脱色」とがありますが、その中でも脱色にあたる方法が「ブリーチ」です。

ブリーチは以前から脱色剤としてよく知られていましたが、実は脱色の仕組みはヘアカラーと大きな違いはありません。仕組みは、アルカリ剤でキューティクルを開かせた後に、そのキューティクルの隙間から成分を浸透させて脱色するというものになりますので、大まかには同じ仕組みというわけです。
ではいったい何が違うのかというと、浸透させる成分に違いがあります。ブリーチは「過酸化水素」を浸透させるのです。
過酸化水素はアルカリ剤で分解されたあと、メラニン色素の脱色という働きをするようになります。この働きによって、髪の色の元となっているメラニン色素が脱色されて髪の色が薄くなり、染毛と同じように髪の色が変わるわけです。
脱色と染毛は別物ですが、その仕組みには共通点があることがわかりますね。髪の色を変えるということも同じですし、そして仕組みも同じようなものです。

脱色と染毛の決定的な違いは、脱色の場合はメラニン色素に働きかけて色を明るくするわけですから、ハイトーンにしか対応できません。そして、色味まではコントロールできませんので好みのカラーリングというのはできません。脱色の度合いで明るさを調節するくらいが限界です。ブリーチは現在男女問わず人気のあるヘアカラーの方法ですので、多くの方が利用しています。気軽に行えるということで若い世代の方にとても人気があるようです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社