ビューティー

ヘアカラー
ヘアカラーによる染毛のしくみ

ヘアカラーによる染毛のしくみ髪を染めると一言で言っても、実際にはその手段はいろいろと考えられます。
その中で現在一番一般的なものが「ヘアカラー」になります。そんな、たくさんの人たちが利用しているヘアカラーによる染毛の仕組みについてご紹介したいと思います。
ヘアカラーは分類としては「染毛剤」と「染毛料」に含まれています。その中でも「染毛剤」の場合は医薬部外品ですが、もう一方の「染毛料」は化粧品という分類になります。
ヘアカラーとして一般的に使用されているのは染毛剤に分類される効果が強いヘアカラーです。永久染毛剤とも呼ばれる高い効果を発揮します。
その永久染毛の中でも、また「酸化染毛剤」と「非酸化染毛剤」という2種類に分けられており、染毛の仕組みに違いがあります。

はじめに「酸化染毛剤」の仕組みは、アルカリ剤を含んだ薬剤を使用して髪を膨潤させ、髪の内部にあるキューティクルを刺激して開かせます。そのキューティクルが開いた部分からヘアカラーの成分を浸透させるという仕組みです。また、アルカリ剤には過酸化水素の分解という働きもあるため、メラニン色素の色を脱色します。そして酸化染料で発色させて髪の毛の色を変えます。
つまり、メラニン色素を脱色して髪色を明るくし、酸化染料によって好みの色に変えるという仕組みです。これにより、とても幅広く仕上がりを調節することが可能です。

そして「非酸化染毛剤」についてですが、こちらはポリフェノールと鉄塩が配合されています。まずポリフェノールを開いたキューティクルから浸透させ、鉄塩とポリフェノールで起こる反応を利用して発色させるという仕組みです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社