ビューティー

ヘアカラー
ヘアカラーの色合い

ヘアカラーの色合いヘアカラーでまず一番気にしなければならないのが「色」ではないでしょうか。ヘアカラーを行う場合、一番多いのが茶色にカラーリングすることではないでしょうか。日本人の多くが茶色を選ぶ理由としては、髪の色を変える際には元々脱色で行うことが多かったため茶色が一番一般的な選択肢ということもありますし、日本人の顔立ちでも余り不自然にならずに髪色を変えることができる色だからではないでしょうか。
若い世代の人たちの間でも茶色にカラーリングしている方は多いですが、ある程度年齢を重ねた人たちの間でも茶髪にしている方は多いでしょう。

茶色意外に多いのは、金髪でしょう。
若い世代の方に特に多い色で、茶色にカラーリングするときと方法は同じです。茶色のカラーリングをさらに明るくなるように行えば金髪になるため、茶髪ほどではありませんが金髪も顔立ちによっては馴染みやすい場合もあるでしょう。金髪はさらに明るさを強めるとベージュなどに変化します。

さらに、人気のカラーとしては「アッシュ」などがありますね。こちらは灰色の色味が強いのですが、似合う人と似合わない人で差が出てしまうカラーとも言われています。

赤系の色味では赤銅色の「カッパー」が人気が高く、完全な赤ではないため奇抜になりすぎず茶髪に近い赤みなので似合う人には自然に馴染む色味です。
アッシュやカッパーなど以外にも、緑ベースの色味や高齢者のヘアカラーでおなじみの紫などもありますね。

どの色も、もちろん好みでカラーリングしている方も多いですが、もともとの髪色を生かしたり白髪を目立ちにくくするなどといった試みから生まれた色ですので、そういった用途で利用されることもあります。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社