ビューティー

美顔器
お酒とお肌の関係

煙草とお肌のトラブルの原因たばこはお肌にとって悪い影響を与えるものです。
では、お酒はどうでしょうか?
たばこは吸わないけどお酒は飲むという人の割合は非常に高いと思います。
まったくお酒が飲めないという場合もあるでしょうが、ある程度は付き合いで飲むようになりますよね。
社会に出れば付き合いも自然と増えていくので、お酒を飲む機会も増えます。

お酒はお肌にいいのか悪いのか、どちらだと思いますか?
多くの人がお酒は肌にはよくないと考えているかもしれません。
しかし、お酒は適量であればお肌にはいいものなのです。
適量のお酒は体にいいといいますから、それと同じで肌にもいいですよ。

お酒は血行を良くする効果がありますので、顔の血行も良くなります。
こり固まっている筋肉をほぐしてくれます。

ただ、注意点もあります。
肌にニキビがある時にはお酒は摂取しないようにしてください。
血行をよくする事で、ニキビもできやすくなってしまいます。

お酒を飲むとき、一番いいのは日本酒です。
原料のコウジ酸はメラニン色素を抑えてくれますので、きれいで白い肌に導いてくれます。
他にも肌に潤いを与えたり、老化しない肌作りがお酒でできるのです。

たばこは害しかないものだったのに、お酒は肌にもいいなんて意外です。
しかし、飲みすぎは絶対によくありません。
あらゆる病気を招いてしまいますので、適量を心がけてください。
同じように外側からケアする美顔器も、しすぎはよくないといわれています。
何事もほどほどにしましょうね。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社