ビューティー

エクステ
エクステの付け方2

エクステの付け方2エクステは、付けるのに技術や道具が必要で、接着剤や金属チップ、糸ゴム、専用チューブなどを使用して髪の毛に編みこむ形で取り付けるそうです。
こうして付けられたエクステは1~3ヶ月程度は持つとされており、さらにシャンプーでもエクステが外れてしまうといったことが少ないということでとても多くの方が利用しています。
しかし、やはりそういったメリットがあっても、装着している本人にとってエクステ装着部分は違和感を感じてしまう部分です。
眠るときに金属部分が当たり痛みや不快感があったり、シャンプーの際に地毛とエクステが絡まってしまいわずらわしいなどデメリットもあるようです。

しかし、近頃のエクステは自分で装着できるお手軽な「ワンタッチエクステ」というものもあったり、不快感を抑え装着していても快適に過ごせる「超音波エクステ」というものがあったり、連結剤無しでも取り付けが可能な「シールドエクステ」というものがあったりと、種類ごとにさまざまな付け方ができるように進化しています。

エクステの技術の進化だけではなく、付け方に関しても大きな進化があり、エクステの人気もそれに合わせるかのようにじわじわと高まりつつあります。
こういったエクステの進化によって、これまで以上にいろいろな髪型に気軽にチャレンジすることができるようになったわけです。

シールドエクステは連結剤ではなくハンドシートという付けても違和感を感じないものを使用して付けるため、エクステを付けていても快適に過ごすことができるのだそうです。
しかも、以前はエクステを取り付けるとなるとかなりの時間を要したものですが、それも今ではかなり短縮できるようになり、さらに自由にエクステを試してみることができるようになったとされています。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社