美容対策

便秘にヨーグルト
死因は便秘……貴方にもありえる実話

死因は便秘……貴方にもありえる実話人間が死ぬ原因つまり死因というのは、人によってさまざまです。
寿命を全うされた方は、老衰という死因のこともありますが、若くして事故で亡くなったり、病気でなくなったりされる方もおられます。
ガンや脳卒中といった病気であれば、死の危険が高いイメージがあるかと思いますが、便秘はどうでしょうか?
ほとんどの方が、便秘で死ぬようなことはありえないと思われているでしょう。

実は、便秘が死因になった事例というのが現実にあるのです。
1998年に1人の成人女性の方が、便秘によって命を落とされたのです。
この女性は、1年前から便秘の悩みを抱えられており、腹痛なども度々訴えておられました。
しかし、便秘程度なら病院に行くまでもないだろうと、市販の便秘薬で自己解決をしていたのです。

亡くなる前日に彼女は、腹痛と風邪のような症状を感じ、自宅で寝込んでいたのです。
朝食も取れなかったようで、その日の午後に、学校から帰宅した弟がトイレの前で女性が亡くなっているのを発見しました。

あまりにも突然亡くなったということと、現場に不信感を抱いたことから、解剖にて死因の特定が行われました。
その結果、「腸内に大量の便が溜まったことによる腸閉鎖」によって亡くなったということが分かったのです。
女性の腹部は妊婦のように大きく膨らみ、直腸には水気がなく非常に固い便が6.7キロも溜まった状態でした。

死因である腸閉鎖は、お腹に便やガスが溜まって苦しくなります。
しかし、腸閉鎖というのは死ぬほどの病気ではなく、数日間絶食をして腸の調子を整えればすぐに元の状態に戻ります。
彼女の場合は、あまりにも便が溜まっていたことから、自分の力では腸閉鎖を改善することが出来なくなっていたのでしょう。

便秘は誰にでも起こるものなので、軽く考えがちですが、放っておくと死亡する可能性もある恐ろしいものなのです。
便秘だと感じたのであれば、すぐに病院に行くなどの対処を取るようにしましょう。
便秘にならないことが1番ですので、ヨーグルトを毎日食べて腸の調子を整えてあげるようにして下さい。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社