美容対策

便秘にヨーグルト
高機能ヨーグルトの選び方

高機能ヨーグルトの選び方健康志向が強まっていることから、健康に良いとされるヨーグルトの種類がかなり多くなってきています。
たくさんの種類があるヨーグルトですが、それぞれに違いがあるということをご存知でしょうか?

日本人からすると欧米の方が全て同じに見えるのですが、当然ですが目の大きさや鼻の高さ、口の形など、人によって個性はありますよね。
それと同じように、ヨーグルトという1つのくくりでも種類によって
乳酸菌が違うのです。

皆さんは、「高機能ヨーグルト」というものをご存知ですか?
最近話題を集めているヨーグルトの新しい形で、「プロバイオティクス」という新しい乳酸菌を配合したヨーグルトのことなのです。
高機能ヨーグルトもたくさんの種類が販売をされており、スーパーなどでも普通に購入が出来るようになっています。
高機能ヨーグルトにも、種類によって違いがありますので、今回はその違いについてみていきたいと思います。

高機能ヨーグルト野中でも特に売上が多いといわれているのは「LG21」や「ガセリ菌SP株・ビフィズス菌SP株」、「BB536」、「LC1」、「LB81」といったプロバイオティクス乳酸菌配合のものです。

LG21には、胃や腸を整える効果があると言われており、ピロリ菌を減少させて、感染を防いでくれる効果があると言われています。
ガセリ菌SP株・ビフィズス菌SP株は、雪印が開発を行った二種類の善玉菌で、他の乳酸菌よりも整腸作用が強いと言われています。
BB536は、森永が作り出した乳酸菌で、健康な人の腸内にいる菌から作り出した乳酸菌で、健康維持の効果があると言われています。

LC1は、ヨーロッパで評価の高い乳酸菌で、ピロリ菌の減少や免疫力を高める効果があると言われています。
LB81は、腸内の有害物質の発生を抑制してくれる効果があり、特定保健用食品に認定されている乳酸菌になります。
プロバイオティクス乳酸菌でも、それぞれに効果や作用に特徴があることから、自分の身体に合ったものを選ぶ必要があるのです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社