美容対策

ほうれい腺
効果の持続期間

効果の持続期間ほうれい線はケアをせずに放っておくと深い溝になり、遠くから見ても目立つようになってしまいます。
そんな目立つほうれい線を解消するためには、生活改善や表情筋を鍛えるエクササイズ、マッサージ、アンチエイジング効果のある化粧品など、さまざまな方法でアタックをしてあげる必要があります。

上記のような方法でほうれい線のケアを行ったとしても、効果が出るまでには時間がかかり、長期的にケアを続ける必要があるのです。
何ヶ月も同じことを繰り返ししていられないという方や、自分ではこの深いほうれい線のシワはどうにもならないという方は、外科的な方法でしか問題を解消することが出来なくなります。

美容外科の力を借りれば、短期間で自力では改善が難しいようなことも改善することが出来ます。
美容外科=メスといったイメージがありますが、メスを使用しないプチ整形と言われるものでも、ほうれい線を解消することが出来るのです。

プチ整形では、ほうれい線の溝にコラーゲンやヒアルロン酸を注射することで、ほうれい線を消すことが出来るのです。
注入するコラーゲンやヒアルロン酸は、本来私達の皮膚にあるもので、お肌の水分を維持したり、ハリや弾力を保つはたらきをしています。
年齢によってコラーゲンやヒアルロン酸は減少をしてくると言われており、それによってシワやほうれい線というものができてしまうのです。

注入をしたコラーゲンやヒアルロン酸は永久的に皮膚内にあるのではなく、時間の経過と共に減少をしていきます。
コラーゲンは半年、ヒアルロン酸は1年程度で元の状態に戻ると言われています。
半永久的に効果を持続させたいのであれば、顔の皮膚を切って吊り上げることでシワを伸ばすという「フェイスリフト」がいいでしょう。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社