美容対策

ほうれい腺
表情筋の体操

表情筋の体操顔がたるんでしまうと、ほうれい線は目立つようになってしまいます。
たるみが酷くなると、ほうれい線の溝を深くさせるだけでなく、表情を暗く見せる原因にもなってしまいます。

顔のたるみというのは、表情筋が衰えることで起こってしまいます。
表情筋というのは、年齢を重ねるとどうしても衰えてしまうのですが、マッサージやエクササイズをすれば鍛えることができ、衰えを止めることも出来るのです。

表情筋のエクササイズを行うことで、ほうれい線を目立たなくさせたり、予防をすることも出来ると言われています。
表情筋というのは、顔の表情を作る筋肉を総合して言うのですが、ほうれい線に関係をしているのは、頬付近の筋肉なのです。
ですので、ほうれい線を気にしているのであれば、頬付近の筋肉を鍛えてくれるエクササイズを中心に行うようにしましょう。

エクササイズをする際のポイントですが、口周りを動かす際は大きな口を開けるように心掛けましょう。
また、上を向いたり下を向いたりと首を動かしながら、「あいうえお」とさまざまな口の形を作って、筋肉をしっかりと動かして下さい。
ゆっくりと1つの動きを確認して、動かしている筋肉を意識しながら行うのもポイントです。

顔のたるみというのは、実は首の筋肉の影響も大きいと言われています。
ですので、表情筋を鍛えるには、首のストレッチをしてあげることも大事なのです。
首を上下に動かして伸ばしたり、左右に曲げたり、首を回したりして、首全体をストレッチするようにしましょう。

ダイエットのときもそうですが、効果を出すには毎日続けることが必要になります。
習慣付けるまでは面倒に思うようなこともあるかもしれませんが、意識し続ければそれが当たり前になってきますので、心配はいりません。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社