美容対策

ほうれい腺
ほうれい線の原因

ほうれい線の原因ほうれい線が目立つようになると、見た目が老けてしまうので嫌ですよね。
多くの方が悩まれているほうれい線というのは、さまざまな原因によってできているのです。

原因の1つとして言われているのは、「肌のたるみ」です。
お肌のたるみというのは、表情筋の衰えによって起こったり、首の筋肉の衰えによって起こります。
表情筋というのは、顔の表情を作る筋肉のことで、頬や口周り、目の周りなど、それぞれの部分部分に30種類以上に分かれているのです。
顔にはいくつもの筋肉があり、その筋肉によって目や口を動かすことができ、さまざまな表情を私達は作ることが出来ているのです。

若い間は表情筋も強いことから、重力に負けることなく皮下脂肪を持ち上げることができ、高い位置に維持をさせることが出来ます。
しかし、年齢を重ねていくと、徐々に表情筋も衰えていき、重力に勝てなくなって、皮下脂肪の位置をキープすることが出来なくなってしまうのです。
これによってたるみというものができてしまうのです。
ほうれい線が深くなってしまうのは、ほうれい線の部分が頬の境界線であり、頬がたるんでおちてきた皮下脂肪が重なって溝を作ってしまうからなのです。

また、「紫外線」と「乾燥」もほうれい線を作る原因になると言われています。
ほうれい線というのはシワのことですので、シワの原因とされている紫外線と乾燥が原因であるというのは、言うまでもありません。

他には、睡眠不足や不規則な生活、バランスの取れていない食事、喫煙、ストレス、ビタミンC・コラーゲン不足というのも、シワを作りやすくさせるため、ほうれい線も目立つようになってしまいます。
ほうれい線は、さまざまな原因で進行をしてしまうのですが、どの原因もちょっと意識をすることで防げることばかりです。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社