美容対策

くすみ対策
くすみの原因【高齢】

くすみの原因【高齢】人間は、体が老化してくと同時にお肌も老化をしていきます。
ですので、年齢をかさねていくと老化現象の1つでもあるくすみが出てきやすくなってしまうのです。

なぜくすみが出てしまうのかと言いますと、体が老化をすることによって新陳代謝の機能が落ちてしまい、お肌の細胞がうまく生まれ変わることが出来なくなってしまうからなのです。
紫外線などを浴びることで作られるメラニン色素は、お肌のターンオーバーが正常であれば、古くなった角質と一緒に剥がれ落ちていきます。
しかし、新陳代謝が悪くなりターンオーバーが乱れてしまっていると、メラニン色素が残ったままになり、シミやくすみとなってお肌の表面に表れてくるのです。

年齢が原因でくすみが起こる場合は、茶色っぽいくすみになることが多いです。
これは、先ほども話したように、古くなった角質が剥がれ落ちずに残ってしまい、角質が厚みを帯びて硬くなってしまっているからなのです。
古くなった角質がそのままお肌に残ってしまっていると、シワやたるみなどの老化現象の原因にもなりますので、状態が悪くなる前に対策を行う必要があります。

高齢によるくすみ対策を行う場合は、何と言っても食生活の見直しをされるのが効果的なのです。
新陳代謝の機能が落ちてきていることでくすみが起こっていますので、カロテンやビタミンAを摂取されると良いでしょう。
またお肌の酸化を防ぐと言われているポリフェノールやビタミンCの摂取も欠かせません。

その他には、保湿・美肌効果の高いスキンケア商品を使って、毎日のお肌ケアを行うことも大事になってきます。
睡眠もお肌の細胞を活性化させるには大切なことですので、22時~2時のゴールデンタイムはしっかりと睡眠を取るようにしましょう。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社