美容対策

くすみ対策
くすみを起こしてしまう原因

くすみを起こしてしまう原因お肌はくすんでしまうのは、紫外線や血行不良が主な原因だと言われています。
くすみ対策を行うのであれば、事前にどういったことが原因でくすみというものは起こってしまうのかということを知っておく必要があります。

お肌が紫外線を浴びてしまうと、お肌は刺激を受けて炎症を起こしてしまいます。
この刺激によってお肌の内部にあるメラノサイトも刺激を受けてしまい、メラニンという物質ができてしまうのです。
このメラニンという物質が生成されるのは、1回のメラノサイトの刺激で2週間程度は続くと言われています。

若い頃は紫外線を浴びてもシミが出来ませんよね?
これは、若い頃は新陳代謝が活発に行われていますので、できてしまったメラニンが新しく作られた細胞と入れ替わるので、肌に与えるダメージというのも少ないのです。
しかし、年齢と共に新陳代謝の機能は衰えていきますので、できてしまったメラニンが新しい細胞と入れ替わらなくなってしまい、肌の表面にそのままでてきてしまいシミという形で現れるのです。

できてしまったシミというのは、実は紫外線を浴びるとだんだんと色が濃くなってきてしまうのです。
ですので、できてしまったシミに対してもきちんとケアを行わなければ、さらにお肌の状態が酷くなっていってしまうのです。
シミが増え続けてしまうと、お肌のくすみも目立つようになっていきます。
また、年齢を重ねていくとさらに新陳代謝の機能も衰えていきますので、新しく細胞の生成もおこなわれなくなり、シミやくすみが改善されることなくどんどんとお肌の老化が進んでしまいます。
年齢とともにシミやくすみの肌トラブルは起こりやすくなりますので、若いうちからしっかりと対策を行う必要があります。


ホームコスメビューティー美容対策ダイエット健康・サプリメントライフスタイルリンクリンク2運営会社